普通コース

大学や短大、専門学校等の上級学校への進学、地元企業への就職など幅広い進路を目指します。個々に寄り添う指導で、一人ひとりが自分を見つめ直し、それぞれの「生き方」を見つけます。

コースの特徴

未来へ向かう為の「学び直し」

中学校の振り返り(チャレンジ授業)

国語・数学・英語の3科目では、高校で学ぶ内容に応じて中学校の振り返りの時間を盛り込んでいます。特に数学と英語は苦手意識を持ちやすい教科です。そこで、チャレンジ授業を1年生の数学Ⅰとコミュニケーション英語Ⅰで実施しています。チャレンジ授業では1クラスに複数の教員がついて、学習のサポートをします。
2学期以降は基礎クラスと応用クラスのいずれかを自分の能力と進路に応じて選択します。

基礎力診断テスト(ベネッセコーポレーション)

基礎力診断テストは、点数によって学力到達ゾーン(A1~D3)が判定されます。このテストでは、就職や進学など、進路選択に必要とされる基礎学力は、D2以上とされています。放課後に毎日15分間の課題学習を行うほか、4月の基礎力診断テストでD3ゾーンと判定された生徒と希望する生徒に向けて、週2回(月・水)の7限授業を実施。D2ゾーン以上を目指します。

生き方に応じた「キャリアデザイン授業」

2年生からは週に4時間、それぞれの進路に応じて4つのコースから1つを選択する授業が始まります。

アクティブイングリッシュコース

推薦入試等の小論文対策と英語4技能試験(英語検定・GTEC)に挑戦します。

コミュニケーションコース

小論文対策の他、語学検定(漢字能力検定・日本語検定等)の資格取得に挑戦します。

PCライセンスコース

日本語ワープロ検定や情報処理技能検定、ICTプロフィシエンシー検定(P検)に挑戦します。

マルチベーシックコース

一般教養試験や入社試験に出題されるような数学や英語を学び、基礎の徹底を図ります。