国際交流

国際理解教育を進める一環として、韓国の姉妹校廣文高校との学校交流や相互のホームステイ
を行い、海外からの留学生を積極的に受け入れ、国際感覚を身につける教育を行っています。

毎年3月に実施される韓国修学旅行は、学校交流やホームステイも体験しながらの歴史的遺産
の見学を通して、日韓の交流を深めています。

姉妹校

廣文高等学校廣文高等学校

現況

廣文高等学校は現在、各学年14クラス、全校42クラス、生徒数2100名の大規模男女共学校である。 ソウルの新興住宅街に立地していることもあり、現在、江東区内でも有数な進学校になってきた。例えば昨春の大学入試では韓国最難関のソウル大学に20名の合格者を出し、私学の名門にも多数進学させている。それを可能にしたのは、徹底した<特別授業-補習>と<学習塾>通いである。特に夏季・冬季の長期休業期間には、2週間、午前8時から午後1時までの補習を組む。学校から帰れば 進学先や教科に応じて<学習塾>に通う。国語・数学・英語・芸術といった<学習塾>が人気の的のようだ。

沿革

1984年 12月 30学級で高等学校設立
1985年 11月 廣文高等学校に校名変更
1986年 9月 学級増設42学級
1988年 12月 新川高校との第1回ホームスティ開始
1997年 3月 新川高校と姉妹校締結

廣文高等学校

【学校交流】

廣文高等学校

【スポーツ交流】