ごあいさつ

理事長あいさつ

理事長 荒井公浩

理事長 荒井公浩

 

 新川高校は私の祖父にあたる初代理事長「荒井泰雄」が昭和48年4月に「高岡日本大学高等学校魚津校舎」として開設、昭和55年1月に「新川高等学校」に改称し、平成24年に創立40周年を迎え、現在に至ります。
 「新川地区唯一の私立高校」として魚津市を中心に数多くのお子様をお預かりし、8,000名を超える卒業生を輩出することができましたのも、地域の皆様から温かいご支援を頂けたおかげです。大変有難く、心から感謝申し上げる次第です。

 昨今マスコミ等でも報道されている通り、少子化、人口流出等により地域の人口減少が速度を増して進んでおります。そのような状況で、ますます新川高校の教育拠点としての存在価値、存在意義が高まっていくものと確信しております。
 これから、私立学校としての利点を生かしつつ、新川高校として地域の信頼を得ながら、いかに「生徒」を通じて地域貢献ができるかを全教職員と共に考え、スピード感を持って実践していく所存です。
 私自身も理事長として、新川高校と地域社会の距離を縮め、地域の方々の協力を得ながら、地域の皆様が気軽にお立ち寄り頂ける拠点となるべく努力してまいりたいと考えております。
 どうぞ今後とも温かいご支援ご協力をよろしくお願い致します。

 

校長あいさつ

DSC02933a

校長 村田博史

 今年度から第12代校長を務めることになりました村田博史です。
 本校は、学校教育目標「心豊かで創造性に富み、主体的に行動して、社会に貢献できる生徒を育てる」を掲げ、生徒信条「感謝」「挑戦」「誠実」をふまえ、不易と流行をわきまえた知徳体のバランスのとれた人格の形成を目指しています。
 特色は、生徒一人一人を見つめ、育てることを主眼に、師弟同行の精神できめ細やかな教育活動を行っていることです。学習面では基礎学力の定着と習得のための「学び直し」の時間の設定、語学の検定試験のための対策、土曜授業には探求的学習を展開しています。
 キャリア教育では、インターンシップの実施、キャリアアドバイザーによる授業、進路別の特別ゼミ等、社会的・職業的自立に必要な基盤となる態度や能力の育成に職員一丸となって取り組んでいます。
 生徒指導にあたっては、「挨拶」「言葉遣い」「法令遵守」「服装」「時間」を大切にした指導、親身になった教育相談に力を入れています。
 生徒が自分の可能性を伸ばし、心豊かにたくましく「生き抜く」人材として活躍できるよう、教職員一同力を合わせ、誠心誠意尽くしてまいります。
 どうぞ、本校への熱い応援よろしくお願い申し上げます。