総合学習

高校にも中学校と同じように「総合学習」があります。
各高校で様々な総合学習が行われていますが、新川高校の総合学習には他校とは違う特徴があります。新川高校の総合学習を私たちは「キャリア授業」と呼んでいます。

キャリア授業とは

キャリア進路新川高校の総合学習は高校3年間をかけて自分の将来と進路について考えます。
高校を卒業すると様々な進路に進むことができますが、いずれは社会に出て働かなくてはいけません。
生き方を学び、考えること。それが新川高校の「キャリア授業」です。

具体的な取組み

1学年

キャリア1年

進路に関わる知識を身につける

今までの自分を振り返り、やりたいことや興味があることを考えます。また、どのような職業があるのか、働くとは何か、進学すると学べることなど進路に関する基本知識を身につけます。

先輩の話を聞く

就職・専門学校・大学など様々な進路を決定した3年生の話を聞き、今の自分に必要なことは何かを考えます。

2学年

出前講座

出前授業自分が希望する進路についての知識を深めるために、就職・進学に分かれて外部講師の話を聞き、将来やってみたい仕事や勉強してみたい分野を探します。

インターンシップ

17歳の挑戦新川高校では、インターンシップという職場体験を行います。
中学校と違う点は、自分の将来希望する職種で本格的な職場体験を行うところです。
・希望する職業を実際に体験!→必要なスキルや資格等がわかる!
・社会人になる資質向上!→社会人に必要なソーシャルスキルがわかる!
・明確な進路目標の決定!→自分に合った本当の進路がわかる!

こうした体験を通して、進路決定につなげていきます。

3学年

面接指導

就職面接や専門学校、大学の推薦入試等に対応できるよう、複数回にわたって面接練習を行います。

小論文・作文指導

専門学校や推薦入試で必要になる小論文を、書き方を含めて指導し、自分の意見をしっかり書けるように練習します。
また、就職希望者を対象に履歴書指導も行っています。

その他

ホームカミングデー

卒業後のサポートとして、その年の3月の卒業生を対象に、4月下旬にホームカミングデーを設けて近況を報告しあうとともに、慣れない環境での悩みや不安などを解消してもらう場としています。